リドルはまだWWEと新しい契約を結んでいない?


最近WWEとの新しい契約を締結したと報じられていたリドルですが、実際にはまだ締結していない可能性があります。

スポンサーリンク

『The Dirty Sheets』によると、リドルとムスタファ・アリはWWEと新しい契約をしていない選手だと伝えています。

新しい契約は3年間で年間25万ドル(約2600万円)~40万ドル(約4100万円)がオファーされているものの、パンデミック前に5年間で年間75万ドル(7800万円)があったことから魅力的に感じていないということです。

しかし『The Dirty Sheets』は、新しい契約は現在実際に高額な選手たちに支払われている金額と変わりはないと指摘しています。

年間100万ドルの契約を結んでいるザ・ミズは、2020年は試合数が少なかったことから実際には約50万ドルしか稼いでおらず、それと比べてもリドルへの約40万ドルのオファーは素晴らしいものであると言及しています。

WWEの契約では通常年間120~150試合をしなければならないものの、2020年はライブイベントがほとんど開催されていなかったことから、最も試合を行ったアスカでさえも64試合でいかに少なかったかがわかります。

ちなみに2019年に最も多かったのはリコシェの157試合でした。

パンデミックの影響によって新しい契約オファーの条件が厳しくなっていると言われているものの、パンデミック前に契約した選手であっても実際に稼いでいる金額は試合数の問題でかなり減っているようです。

スポンサーリンク