ソーニャ・デヴィルの裁判 追加情報


昨年8月には、深夜にソーニャ・デヴィルの自宅に男が侵入し、逮捕された事件が起こりました。

スポンサーリンク

そのとき自宅にいたデヴィルとマンディ・ローズは無事に逃げ出すことができ、その後通報したことから犯人はその場で現行犯逮捕されています。

そしてサマースラムではデヴィルとローズが対戦し、敗れたデヴィルがWWEを去ることになったものの、前回のSmack Downで久しぶりの復帰を果たすことになりました。

しかしながらこの裁判はまだ続いており、『PWInsider』によると、デヴィルは2月13日にZOOMを使って宣誓証言を行う予定であると伝えています。

さらに一緒にいたローズは2月3日に、通報に対応した警察官は2月18日、容疑者は2月25日にそれぞれ宣誓証言を行う予定となっています。

またサマースラムの試合は、髪切りマッチから敗者はWWEを去るようにルールが変更されましたが、これは事件があった後デヴィルにしばらく休みを与えることが目的だったということです。

デヴィルはすでにSmack Downに復帰しているため、今後も頻繁に登場する機会があれば、裁判と並行してストーリーを進めていくことになります。

スポンサーリンク