カーメラ「サーシャ・バンクスより自分の方が上」

12月20日のTLCでは、カーメラがSmack Down女子チャンピオンのサーシャ・バンクスに挑戦する予定です。

スポンサーリンク

前回のSmack Downではチャンピオンシップが行われたものの、サーシャがDQとなった後、カーメラは背中にワインボトルを投げつけました。

今週の『The Bump』に出演したカーメラは、試合後にワインボトルを割ったことを後悔していないと語っています。

「もちろんよ、やってやったわ。サーシャは常軌を逸してDQになってしまった。ばかげてるわ。もし彼女がDQにならなかったら、間違いなく私が試合に勝っていたのにね。彼女が暴走してDQになったせいで私がひどい目にあったのよ。私をからかってるの?誰がそんなことするの?」

「私たちは長い間別々のブランドにいたからね。彼女はずっとRAWにいて、私はSmack Downにいた。知ってると思うけど、私は今年の夏少し休んでいて、そのときに最も派手に復帰してチャンピオンになろうと思ったの。まさにその通りのことをやってるわ。厳密に言えば最初の試合で彼女を倒したんだからね」

またカーメラはチャンピオンであるサーシャを優れているとしながらも、自分の方g上であると主張しました。

「私の方が彼女よりもはるか上にいる。私はカーメラよ。復帰したらみんなが私のことを話題にしているわ。彼女がベイリーを相手に初めてタイトルを保持したとき何が起こったと思う?私が彼女をボコボコにしたから誰も彼女がタイトルを保持したことを話題にしなかった。みんなが話題にしていたのは、カーメラが復帰したことでもっと面白くなるってことだったわ」

「彼女がこの業界のパイオニアであることは認めるわ。確かにWWEで多くのことを成し遂げてきた。彼女はスターだけど、私の方がビッグスターだし、優れているわよ」

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP