ハッカーの正体が明らかになる?


WWEは以前Smack Downで、しばらくの間正体不明のハッカーによるストーリーを行っていたものの、いつの間にかストーリーがなくなっていました。

この正体はムスタファ・アリだとの噂もありましたが、ハッカーは自分の正体を明かすことはありませんでした。

しかし『Fightful』によると、今週のRAWでアリは自分がSmack Downのハッカーだったことを明らかにすることを計画していると伝えています。

さらにこのハッカーアングルは当初からストーリーに組み込まれる予定はなかったようです。

現在レトリビューションの一員となっているアリがRAWへ移籍したことでハッカーアングルはなくなったものの、WWEは復活させることを考えたということです。また今回はレトリビューションとは特に関係ないとも指摘されています。

ちなみに先週のRAWではアリがファンに向けて話すセグメントが発表されていたものの、実際には行われず中止されています。

スポンサーリンク