カイリ・セインに選手以外の役割が予定されていた?


RAWでナイア・ジャックスとの試合に敗れたカイリ・セインですが、試合中に頭をカットして出血し、それ以来テレビへの登場がなくなっていますが、そのときには選手としての役割以外も計画されていたようです。

『Fightful』によると、5月の時点でカイリ・セインは日本に帰国し、日本でWWEのアンバサダーを務める計画があったと伝えています。

ちなみにこれまでWWEが日本でNXTジャパンを創設するのではないかと言われてきましたが、その計画がそれに関わっているのかどうかはわからないとし、さらに新型コロナウイルスの影響から現時点での進出は考えられていないということです。

またこの欠場中の1ヵ月間はWWE内でもカイリの状況について話されておらず、WWEとの契約状況についても不明なままとなっているようです。

スポンサーリンク