シャーロット・フレアーが手術によりしばらく欠場へ

今週のRAWではシャーロット・フレアーとナイア・ジャックスが乱闘し、放送後にWWEはシャーロットが鎖骨を骨折した可能性があると発表しました。

スポンサーリンク

この発表はストーリーラインとしてのケガであると考えられますが、シャーロットは実際にしばらく欠場することになるようです。

『PWInsider』によると、シャーロットはケガや病気ではないものの、急ぎではない待機的手術によって6週間テレビから離れる予定であると伝えています。

また『talkSPORT』によると、シャーロットが復帰するのはサバイバーシリーズからロイヤルランブルの時期であるとし、かなり長期間欠場する可能性を伝えています。

さらにサマースラムで復帰する可能性は0%であるとし、手術から回復してビンス・マクマホンが望めば9月頃に復帰させることができるものの、それは現在の計画にはないということです。

今回のナイア・ジャックスとのアングルはシャーロットの手術があらかじめ決まっており、しばらく欠場させるために行われた可能性があります。

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP