ローマン・レインズがアンブローズ、ウーソズにコメント


今年の4月にWWEとの契約満了を迎える予定の選手にディーン・アンブローズとウーソズがいます。

スポンサーリンク

どちらとも関係が深いローマン・レインズは、『Talksport.com』のインタビューで彼らがWWEを去ることについてコメントしています。

レインズは去って欲しくはないためにアドバイスはするものの、最終的な決断は彼らに委ねられていると考えているようです。

「ただの友人や仲間以上の存在になるためにもう少し自分にプレッシャーをかけようと思う。ウーソズは私のファミリーだ。しかしそれはディーンも同じだ。それが私にとって最も難しいところなんだ。これらの状況がくると、私はいつも考えを伝えたりアドバイスしたりするなど何らかの行動をするかもしれない。しかしこれはビジネスであり、彼らはビジネスマンだから自分のことを大切にして、彼らが求める金額や年数の契約を結ぶ必要があるんだ」

「ロッカールームでは私の周りに最高のパフォーマーがいて欲しい気持ちはあるが、彼らがどうなりたいのか、何が彼らに満足をもたらすことになるのかについても、彼らがハッピーになるために理解しておく必要があると思っている。なぜなら結局のところ、私たちそれぞれが欲しいものは自分にしかわからないからだ。私ができることは、彼らが幸せになるために思っていることをアドバイスして伝えることだけなんだ。それが何であれ、彼らと家族が幸せになるためには彼らが自分でやらなければならないんだ」

レインズはまた、たとえアンブローズがWWEを去ったとしても今の関係は変わらないと語っています。

「まず私はそれについて記事やTwitterなどを通して知らなければならず、だからそれについてはあまり難しくは考えていなかった。私はアンブローズのことを知っているけど、彼は予測できないままでいるのが好きなんだ。彼は自分のリズムで進むことが好きだし、私が唯一わかっているのは彼がただ幸せになりたいと思っていることだ。彼は誰かに頼る必要がないように常に準備している。私たちは数年間で急激な変化の中でとても素晴らしい仕事をすることができて幸運だったし、安定していて幸運だったと思っている」

「私は彼が休息を求めていたり必要としているのを知っているから驚いていないし、彼は彼のやり方でやろうとしている。私の親友の一人がこの会社を去って欲しくはないけど、彼がこの会社を去ったとしても、私たちの関係は続けていくつもりだよ」

(wrestlingnews.co)

スポンサーリンク

 

関連記事一覧