エッジが会社の新体制についてコメント

WWEスーパースターのエッジは『Bleacher Report』のインタビューで、最近のWWEについて言及しました。

ビンス・マクマホンが退任したことで、クリエイティブ部門の責任者に新しくトリプルHが就任しています。

エッジはトリプルHの下で新たな方向性に進んでいることで、ロッカールームがにぎわっていると語りました。

「これまで私は多くのクリエイティブな意見を出してきたが、それは25年間会社に貢献していることになる。その点では大きな変化はないが、今その雰囲気がロッカールーム全体に広がっているのはとても楽しいことだし、本当に良いことだ。みんなワクワクドキドキして、これからどうなるんだろうという気持ちになっていると思うよ。すでにそうなっているのがわかると思う。ポールがファン目線で物事を見るのは、やはり私と同じようにWWEのファンだからだろう。カリオン・クロスやダコタ(カイ)を復帰させた。会社に関わるのは本当に楽しい時間だよ」

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP