Rトゥルースがタイトルについて語る

RトゥルースはこれまでWWEでUSタイトルやタッグタイトルを獲得しており、最近では24/7タイトルの代名詞となっています。

スポンサーリンク

トゥルースは『Bally Sports』のインタビューで、どんなタイトルでもより良いものにしていく自信を示しています。

「どんなベルトであれ、それを最高のものにするよ。それが俺の仕事だ。WWEであればベルトと呼ばれていなくてもね。WWEならチャンピオンシップやタイトルと呼ばれるものだよ。ビンス・マクマホンにとってベルトとはズボンを落ちないようにするために使うものだ。だからチャンピオンシップタイトルなんだ。でもどんなタイトルでも手にしたい。なぜならどれも名誉あるタイトルだし、達成感があるからだ。タッグタイトルを一つでも獲得できれば、それだけで達成感がある。だからどれか一つでも持っていれば名誉なことだと思うよ」

またトゥルースは24/7チャンピオンシップに対して自身の功績について語っています。

「多くのチャンスがあるよ。24/7チャンピオンシップで勝利したのは誰だい?俺がそのベルトを今の状態にしたわけだが、おそらく君はこれも知らないだろう。このインタビューが終わったら、フォーブスと24/7チャンピオンシップをチェックして欲しいね。彼らは24/7チャンピオンシップについて記事を書いたが、それはRAWやSmack Downよりも再生回数が多かったからだ。自分にとって名誉なことだったね。俺がそのタイトルを手に入れてここまで引き上げたんだ。RAWの再生回数を上回り、600~2,000万回を記録しているよ」

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP