ステファニー・マクマホンがファンの重要性を語る


WWEのチーフ・ブランド・オフィサーのステファニー・マクマホンは『Sports Business Journal』のインタビューに出演しています。

スポンサーリンク

2019年のレッスルマニア35ではロンダ・ラウジー、ベッキー・リンチ、シャーロット・フレアーが女性選手として初めてレッスルマニアのメインイベントを務めることになりました。

さらに今年のレッスルマニア初日ではサーシャ・バンクスとビアンカ・ブレアがメインイベントを務めています。

マクマホンは最近の女性選手の台頭について、ファンの声に耳を傾けることが重要であると語りました。

「私はショーの前にベッキー、シャーロット、ロンダ・ラウジーを集めて感謝を示しました。というのも私が子供の頃は女性選手がこれほどまでにメインイベントを務めたり、ショーで欠かせない存在になったりするとは想像できませんでした。あの夜、最前列に座っていた私の3人の娘たちは、女性がメインイベントを務めるレッスルマニアを見ることになりました。本当に重要な瞬間でしたね。今年のレッスルマニアではサーシャ・バンクスとビアンカ・ブレアが初めてアフリカ系女性選手として務めました。観客はたくさん応援してくれましたね。WWEのイベントではそのエネルギーが伝わってきます。サーシャとビアンカが対峙していたあの瞬間に起こったことに、観客が敬意を示し始めたということです。2人はちょっとだけキャラを崩して涙を流し、ひどい泣き顔をしていましたね」

「我々のファンはウィメンズ・レボリューションの一員です。ファンの声に耳を傾けると、彼らはブランドにこんなにもポジティブな影響を与えてくれています。私たちは男性と同じように女性選手をトレーニングや育成し、同じ試合時間を与えるようになりましたが、2015年にファンのみなさんが『GuveDivasAChance』というハッシュタグを始めてから、我々のビジネスにウィメンズ・レボリューションが加わることになりました。ファンの声に耳を傾けて、彼らが望むものを提供していけば、上手くいくことになりますね」

スポンサーリンク