トニー・ストームがメインロスターデビューについて言及する


前回のSmack Downでは、トニー・ストームがメインロスターデビューを果たし、ゼリーナ・ベガに勝利しました。

スポンサーリンク

トーキング・スマックに出演したストームは、Smack Downに出たことで夢が叶ったと語りました。

「正直なところ、どうやって言葉にしたらいいかわからないわ。私が10歳の頃から夢見てきたことなの。そして実際に私が想像していた通りの結果になった。素晴らしかったわ!」

ストームは80年代風のワイルドな衣装のきっかけについて言及しています。

「この話は私の母親からなの。母親は80年代に育ってきて、私が子供の頃に話してくれたことは全て母親が夢中になったことだった。音楽や文化の話をしてくれて、子供ながらとても刺激を受けたのよ。そして私がプロレスやそれ以外に夢中になったときに、80年代の大ファンだから徹底的にやりたいと思っているわ」

Smack Downではチャンピオンになるつもりだと語っています。

「私はSmack Down女子チャンピオンになる。なぜ自分がここにいるのか?時間をムダにはしない。いつか最終的には自分が新チャンピオンになるのよ」

スポンサーリンク