アリスター・ブラックのバックステージニュース


WWEは先日新たに6人のスーパースターとの契約を解除し、その中にはアリスター・ブラックも含まれていました。

ブラックは長期欠場から復帰し、映像出演を経て、ようやく番組内に登場したところでリリースされることになりました。

『PWInsideer』によると、WWE内の一部の人たちはブラックのリリースが早すぎたと考えているようで、ブラックを復帰させるよう働きかけていると伝えています。

ブラックは本人の問題によってリリースされたというよりも、約束が破られたりクリエイティブが変わったりする犠牲者だったとの意見があるということです。

WWEがブラックを復帰させるかどうかは不明ですが、ビッグEとの抗争を始めたばかりだったことを考えると、コストカットの一環だったとはいえ早すぎるリリースだったのかもしれません。

なおブラックは90日間の競業避止義務があるものの、WWE退団後初となる11月13日にニューヨークで開催されるイベントに出演することが決まっています。

スポンサーリンク