レッスルマニア37ではチケットが販売される?


WWEはレッスルマニア37の新たな開催日として4月10日と11日の2日間とし、レイモンド・ジェームス・スタジアムで行うことを発表しました。

スポンサーリンク

昨年はWWEパフォーマンスセンターで行われたものの、同様に2日間にわたって開催されることになります。

さらにWWEは地元のパートナーや政府関係者と協力して、今後近いうちにチケット販売の詳細や感染対策のプロトコルを含めたイベントの情報を発表するとしています。

これまで無観客やバーチャル観客を続けてきたWWEでしたが、今年のレッスルマニアでは観客が入ることになりそうです。

どれだけ観客が入るかは不明ですが、レスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーは、NFLを引き合いに出して推測しています。

レイモンド・ジェームス・スタジアムの収容人数は約65,000人となっており、本拠地とするNFLのタンパベイ・バッカニアーズが14,000枚のチケットを販売していることから、レッスルマニアでも同様の数が販売される可能性があると指摘しています。

またフィールド内のリング周りの席もあることから、バッカニアーズよりも多いチケットを販売する可能性もあります。

約1年間WWEは無観客を続けてきたため、もし今後チケット販売の詳細が発表されれば大きな注目となりそうです。

スポンサーリンク