アレクサ・ブリスがエボリューションを欠場したことを語る


アレクサ・ブリスは7月から予定されている新しいポッドキャストのプロモーションで『FOX Sports』のインタビューに答えました。

スポンサーリンク

2018年10月に行われた女性選手のみによるペイパービューのエボリューションでは、当初アレクサ・ブリス対トリッシュ・ストラタスのシングルマッチが発表され、その後アレクサ・ブリス&ミッキー・ジェームス対トリッシュ・ストラタス&リタへと変更されました。

ところが当時アレクサは脳震盪の問題を抱えており、最終的に出場することができず、代わりにアリシア・フォックスが出場することになりました。

当時試合に出場できなかったことについて聞かれたアレクサは次のように語りました。

「それは厳しいものでしたね。最初はトリッシュ・ストラタスと対戦することになっていたんです。私はトリッシュを見て育ったし、彼女が大好きでした。私がNXTでやろうとしていたことは全てトリッシュのマネでした。だからそれはあなたにとってWWEのヒーローと対戦するようなものなんです。すごく興奮しましたね。その後タッグマッチになって、ミッキー・ジェームスをパートナーに、トリッシュとリタと一緒にリングに上がることになったからもっと素晴らしかったです。トリッシュと試合をするよりも、トリッシュとリタと一緒に試合ができるのはクールなことでしたね」

「でも残念ながら、私は脳震盪を起こしていて、ライブイベントをやらなければいけませんでした。WWEはエボリューションの前に復帰することを望んでいました。ライブイベントにブッキングされていたけど、ライブイベント中にまた脳震盪を起こしてしまいました。試合後にトレーナー室にいたのを覚えていて、彼らは『また脳震盪を起こしているね。それはエボリューションに出場できないってことだ』って言われたのを覚えています」

アレクサはペイパービュー直前まで出場が許可される可能性があったものの、最終的に飛行機に乗っているときに出場できないことを知ったと語りました。

「あるとき彼らは『衝撃テストをするよ。エボリューションの直前に許可される可能性があるんだ。前日にリングに上がってもらってどう感じるかみてみよう』って言ったのですが、やってみると脳震盪でめまいがひどくなってしまったのは残念でした。何もできなくて、エボリューションに向かっている飛行機で許可されないことを知りました。残念だったけど、その瞬間の一員になれたし、ファンとして見ることができたのはとても楽しかったですね」

将来やってみたい試合があるかと聞かれたアレクサは、エボリューションで予定されていたタッグマッチを行いたいと語りました。

「WWEエボリューションで予定されていたタッグマッチをやってみたいですね。ぜひともミッキー・ジェームスとチームを組んでトリッシュとリタと対戦したいです。それが選択肢になり得るかどうかはわからないけど、私がいつも望んでいる試合の一つですね。もしそのときに戻れるなら、その試合をやりたいなって思います」

スポンサーリンク