次回ロイヤルランブルの開催はどうなる?

今年はパンデミックによってペイパービューの開催場所が変わることになりましたが、それによって今後のペイパービュースケジュールの発表も遅れています。

スポンサーリンク

今のところ年内のスケジュールはすでに報じられているものの、来年1月のロイヤルランブルについては詳細が明らかにされていません。

『Wrestle Votes』によると、WWEは現在もまだロイヤルランブルをどこで開催するのか話し合っている最中だとし、どこかの都市で開催することを検討していると伝えています。

さらにその前に観客を入れることができないかを模索しており、そのタイミングを考えているようです。WWEはサマースラムで観客を入れて開催することを望んでいたものの、最終的にそれは実現しませんでした。

その結果現在はRAW、Smack Down、ペイパービュー全てをアムウェイセンターで開催しており、これは10月31日までの契約となっています。

またWWEはNBAやNHLが来シーズンに向けて、観客や会場の収容人数をどうするのかに注視しており、その判断を一つの参考にする可能性があるということです。

例年であればそろそろ次回ロイヤルランブルの詳細が発表されていてもおかしくはありませんが、パンデミックの状況を注視していることから、発表はギリギリになってしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP