WWEのテレビ収録 UP DATE

今週のSmack Downでは、収録に必要なコンテンツの量を減らすために、ボーンヤードマッチを含むアンダーテイカーの映像が放送されることになりました。

スポンサーリンク

『The Dirty Sheets』によると、おそらくRAWも時間を埋めるために過去のアーカイブ映像を放送することになりそうだと伝えています。

RAWは木曜日に収録が予定されていたものの中止になって金曜日になり、さらに当日分のSmack Downなどの収録もあったため、翌日の土曜日に延期されることになりました。

そしてRAWは主要スーパースターが陽性反応になったことから、Smack Downよりも悪い状況で、多くの時間を埋める必要があるようです。

さらに今週多くの人が陽性反応になったことから、今後2日間でエクストリーム・ルールズまでのコンテンツを急きょ収録することになりそうだということです。

ただしストーリーに別のアングルを追加することも検討されているようで、やはり書き直しは行われているのかもしれません。

また『The Dirty Sheets』は、WWEがスーパースターに対して新型コロナウイルスに陽性反応になってもソーシャルメディアなどで明らかにしないように通達していることも言及しています。

そして何人かの上層部やベテランスーパースターは、バーやビーチなどに行っていた従業員に腹を立てているようです。これはWWEが内部で行った忠告に大きく反するものとなります。

その結果、WWEは収録のためにパフォーマンスセンターを徹底して消毒することになり、スーパースターが使えるようにジムやトレーニング施設も消毒を行っているようです。

またRAW、Smack Downともに以前は許可されていた友人や家族などは収録に参加することができなくなり、収録に参加するNXTの練習生もマスク着用を求められるということです。

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP