観客を入れることに関する現在の状況


3月に新型コロナウイルスが発生して以降、アメリカでは観客を入れて行うスポーツができなくなっています。

スポンサーリンク

WWEでは無観客によってパフォーマンスセンターでRAW、Smack Down、NXTを続けているものの、ライブイベントに関しては完全に中止や延期となっています。

『WrestleVotes』は観客を入れることに関する現在の状況を伝えており、それによると、今後WWEが観客を入れてショーを行うことに関しては全て各州の取り組み方にかかっていると語っています。

アメリカでは州によってイベント開催に関するガイドラインが異なっており、フロリダ州では社会的距離を保ちつつ、収容人数の25%で行うことを基準としています。

また『WrestleVotes』は、7月までは現在の状況が変わることは期待していないとも言及しています。

そのためもうしばらくはパフォーマンスセンターで無観客でのショーが続くことになりそうです。

スポンサーリンク