ICタイトルを獲得したブラウン・ストローマンのコメント

今週のSmack Downでは、ブラウン・ストローマンが中邑真輔に勝利して新しくICチャンピオンとなりました。

スポンサーリンク

試合後には獲得したベルトとともに写真撮影が行われました。

今回がWWEで初めてのシングルタイトル獲得となったストローマンは、試合後のインタビューで次のように語っています。

「真輔との抗争を初めて以降、サミ・ゼインとセザーロがずっと彼の味方していたから、基本的に3人との困難な戦いだった。知っての通り、彼らの戦術は私に大きな勝利やICタイトルを獲得させないことであり何度かそうしていたが、今夜は彼らの計画が裏目に出ていたね。リング中央で中邑真輔にランニング・パワースラムを食らわせてカウント3だ。それによって私が新ICチャンピオンになることができたんだ」

ストローマンは長い間タイトル獲得のチャンスを求めてきたとし、初のシングルタイトル獲得となった今回の勝利は非常に大きなことだったと語っています。

「そうだね。まだとても感情的になっているよ。私がWWEスーパースターになって最初のシングルタイトルだからこの状況が信じられないね。つまりこれは私にとって大きな出来事だということだ。4~5年間私はこのチャンスを追い求めてきた。そして今夜ようやくICチャンピオンシップを手に入れた。すぐにこれを手放すつもりはないよ」

「挑戦者を求めている。戦いたいヤツは誰だ?」

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP