セス・ロリンズが黒の手袋を着けている理由を語る

RAWタッグチームチャンピオンのセス・ロリンズは、ロイヤルランブルのプロモーションのために『Houston Chronicle』のインタビューに答えました。

スポンサーリンク

ロリンズは最近試合中に片方の手に黒の手袋を着用していますが、その理由について明らかにしています。

「それは幸運な事故だった。私は約6週間前に指を骨折したんだ。試合をするときにはスプリントを着けて試合中に動かないようにしなければならず、だからスプリントの上からグローブを着用しないといけないんだ」

「6週間休みを取って全く試合をしない可能性もあったかもしれないが、そうすべきではなかったね。だから代わりの手段としてテーピングしようとしていたが、テープだと上手くいかないようだった。だからスプリントを使って固定して、その上からグローブを着けたんだ。それは奇妙なことらしく、みんながなぜ片方だけグローブを着けているの?って言ってくる。この質問に関して言うと、それは仕事をするためだってことだね。時間とともにグローブがどうなるかはそのうちわかると思うよ」

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP