今週のRAWの観客動員数は最少だった?


WWEは7月にツアーを再開して以降、毎週行われるRAW、Smack Downは各地で有観客によって開催されています。

サマースラムまではジョン・シナがいたこともあって、チケットの販売は好調でしたが、現在では徐々に下火となっているようです。

『WrestleTix』によると、今週のRAWは4,031人で7月以降最低の観客動員数だったとし、そのうち3,995枚がチケット販売され、残りは無料チケットだったと伝えています。

今回の会場は18,000人ほど収容できたことを考えると、予想以上にチケットの販売が不振だったと言えます。

なお7月以降でRAWの最高観客動員数は8月2日にシカゴで開催されたショーで、12,629人でした。

また再開当初は7,000人~9,000人ほどだったものの、9月27日以降は5,000人台となり、今週は4,031人となっています。

パンデミックの影響で1年以上も有観客で行われてきませんでしたが、再開してもチケット販売では厳しい状況となっているようです。

スポンサーリンク