ゴールドバーグとラシュリーがクラウン・ジュエルで再戦か


今月行われたサマースラムでは、ビル・ゴールドバーグ対ボビー・ラシュリーのWWEタイトルマッチが行われました。

スポンサーリンク

試合はラシュリーがゴールドバーグの膝を負傷させるアングルを行った後、レフェリーストップによって試合が終了し、試合後にラシュリーはイスを持ち込み膝を集中して攻撃しました。

さらにリングに乱入したゴールドバーグの息子にも攻撃し、そのまま終了となりました。

WWEはゴールドバーグの新しい映像を公開しました。

ゴールドバーグはサマースラムで何が起こったのか、ケガの程度について聞かれると次のように語っています。

「俺は靭帯を損傷していて膝の手術を控えている。質問の答えになっているか?本当にどうでもいいことだ。だが俺が気にしているのはボビー・ラシュリーのクソ野郎がサマースラムで俺の息子にやったことだ。(息子の)ゲイジは肩と首を痛めた。あの大男が息子に何をしたかは神のみぞ知る。だから目的が変わったんだ。WWEチャンピオンシップではなくボビー・ラシュリーの魂を奪いに行き、彼の胸から直接引きはがしてやる」

『WrestleVotes』によると、ラシュリー対ゴールドバーグはクラウン・ジュエルで行うことを計画しているということで、すでに新たなアングルが始まっているようです。

クラウン・ジュエルは10月21日にサウジアラビアで開催される予定となっています。

スポンサーリンク