カリオン・クロスがRAWで負けた理由


NXTチャンピオンのカリオン・クロスは今月RAWデビューを果たしたものの、ジェフ・ハーディに敗れることになりました。

スポンサーリンク

さらに今週のRAWでも再びジェフ・ハーディと戦う予定だったようで、2週連続で敗れる計画だったと報じられています。

試合はハーディが新型コロナウイルスの検査に陽性反応が出たことから出場できず、代わりにキース・リーが出場してカリオン・クロスが勝利しています。

『Mat Men Pro Wrestling』のアンドリュー・ザリアンによると、クロスの計画はスカーレットが登場するまでRAWで負け続ける計画があったと伝えています。

スカーレットが登場することでクロスの中にある戦士的な要素が解き放たれることになり、それによってクロスが復活するストーリーが考えられていたということです。

NXTでは負け知らずのクロスでしたが、RAWに登場したときにはNXTで一緒にいたスカーレットは不在でした。

今週ハーディとの対戦がなくなったことでクロスの計画が変わったのかどうかは不明ですが、今後はスカーレットもメインロスターに登場することになるのかもしれません。

なおサマースラム翌日の8月22日に行われるNXTテイクオーバーで、クロスはサモア・ジョーを相手にNXTタイトル防衛戦を行う予定となっています。

スポンサーリンク