リア・リプリーがシャーロットについてコメント


今週のRAWでは、次回ペイパービューのレッスルマニア・バックラッシュでリア・リプリー対アスカ対シャーロット・フレアーのトリプルスレッドマッチのタイトル戦が発表されました。

RAW女子チャンピオンのリア・リプリーは今週のRAWトークに出演し、これからは自分の時代でありシャーロットは身を引くべきだと主張しました。

「彼女はまだレッスルマニアから外されたことに怒っているんだ。彼女は新しい時代の選手がやって来ていることを理解する必要があり地位を譲るときだ。それに求めるものが手に入らないことにまだ腹を立てているんだろう。私はチャンスをものにするだけだから、私にとってはどうでもいいことだけどね」

リプリーはシャーロットの出場停止処分を解除したソーニャ・デヴィルを批判しています。

「ソーニャは何も考えずにただ行動しているだけだ。もしかしたらシャーロットは彼女にお金を渡しているんじゃないの?ソーニャはシャーロットが求めるものを全てあげているのは明らかだ。レフェリーに手を出した時点で出場停止処分にするべきだ。それをたった1週間でシャーロットが復帰してきたのを見て、私は怒りを覚えたね」

「それ(シャーロットに一度も勝ったことがない)はわかっている。でもシャーロットが私を恐れていることも知っている。だからこそ彼女はこの試合で足を引っ張るアスカを狙うと予想しているよ。私を狙うのは賢いやり方じゃないと彼女はわかっているからだ」

スポンサーリンク