ベッキー・リンチがWWEのクリエイティブについてコメント


先日イギリスで開催されたイベントにセス・ロリンズとベッキー・リンチが登場しました。

スポンサーリンク

ロリンズはファンからの質問で、ビンス・マクマホンがどうやってクリエイティブに関わってくるのかついて尋ねられました。

そしてロリンズはその質問を隣にいたベッキー・リンチに投げかけ、彼女はWWEコンテンツの多さについてコメントしています。

「クリエイティブの一翼を担うのは難しいことだよね。私たちみんな考えを持っていて、プロレスファンになるのは難しい。なぜなら考えがあると、物事に対して特定の見方をしたくなるからだ。非常に多くのコンテンツがあるけど、すごいコンテンツもたくさんある。1週間にWWEは7時間(RAW3時間、Smack DownとNXTが各2時間)もあるんだし、それもペイパービューは含まれていないからね」

「私なら選手にもっと自由に話す機会を与えて、自分の良さをアピールできるようにすると思う。私たちは自分自身で何がミッションなのかわかっているし、やりたいことや人々が嫌いなことも理解している。そしてそういったことを知らないのであれば、私たちはWWEにいるべきではないよね」

なおロリンズもまた、毎週WWEのコンテンツが多いことについて、他のテレビ番組と比較してクレイジーだと言ってます。

スポンサーリンク