疑惑調査中のビンス・マクマホンはいつも通り仕事を行う?

今週WWEのビンス・マクマホンは、元女性従業員と不倫したとされ、和解金として300万ドルを支払ったと報じられました。

WWEの取締役会はこの問題を調査しており、ジョン・ロウリネイティスもこの問題に関わっているとされています。

レスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーによると、マクマホンもロウリネイティスも疑惑が浮上したにも関わらず、今週のSmack Downでもいつも通りバックステージにて仕事を行う予定だと伝えています。

またWWE内ではマクマホンがこのままCEOとして留まると考えている人たちもいるということです。

今回個人的な問題で300万ドルが支払われたものの、調査によってマクマホンが個人資金を使ったとされています。

会社のお金によって返済が行われなかったことからマクマホンはCEOを辞めることなく、このまま職務を続けることになると考えられているようです。

スポンサーリンク

 

関連記事

7月1日Smack Down

6月27日 Raw

TOP