トリプルHがNXTやビンス・マクマホンについて語る

トリプルHは最近『talkSPORT』に出演し、様々な話題について語りました。

スポンサーリンク

そこでトリプルHはNXTが水曜日の夜にテレビ放送を開始したため、AEWとの競争が生まれたことについて言及しました。

トリプルHはAEWについて言及していないものの、これまで行ってきたことに集中するべきだと語っています。

「私はそれを競争することとして取り組んでいない。私たちはただショーをするだけだ。私たちがショーを開催するときには、世界中から最高の選手を見つけて、最高の場所で最適な時間枠でショーをするつもりだ。そしてすでに私たちはそれを行っている。それについては自信を持っているよ。NXTやNXT UK全般で見ると、1試合や2試合ではなくショー全体を最高の手腕を発揮してショーを開催しているんだからね」

「私にとっては誰であっても競争はしない。私はNXTファンのため、そして世界中のファンのために可能な限り最高のショーをしたいだけなんだ。これが全てだよ。数年前に私たちは同じように人々を感動させていたのにおかしな話だ。当時は競合他社はいなかった。私たちはただ自分たち自身と競争していたのだと思うよ」

NXTがUSAネットワークで放送を開始したことにより、ビンス・マクマホンがRAWやSmack Downと同じ役割を果たすことになるという推測に対して、トリプルHは次のように語っています。

「正直になろう、多くの人たちがビジネスの観点から物事にアプローチをしないために、(ビンス・マクマホンの介入は)意味をなさないと言っている。言い方を変えると、私たちは月曜日にライブ放送を行っている。水曜日にもライブ放送がある。金曜日にもだ。行うべきことがたくさんあるんだ。人々がビンスにビジネスマンであるという信用を与えないという狭い心はおかしなことだね。人々が彼をビジネスマンとして話すとき、非常に多くのクレイジーな誤解があるんだ」

「真実は、私たちが今行っているこのビジネスの全ては彼のおかげだということだ。彼は失敗した業界で、言わば80年代の時期に他の誰も先見の明がなかったときに世界的な現象を巻き起こしたんだ。人々が今日いろいろとネガティブなことについて話すのを聞くと、私は何言ってるの?って感じだよ。なぜなら私たちはFOXやUSAネットワークと10億ドルの契約を結んだからだ。それが崩れ落ちているなんて思わないね」

「彼はまた、私たちがやるべきことやどこへ向かっていくのかを理解できるほど賢いんだ。もし単純な答えを求めているなら、彼は(NXTに)関与していない。ブランドやアメリカ国内のマーケティングのことなら口を出すだろうけどね」

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP