ゴールドバーグのWWE復帰に関すること


何の話ですか?

『ビショフ・オン・レスリング』の最新版では、元WCWの社長とエリック・ビショフが、ビル・ゴールドバーグにインタビューしました。そこでWWEに関する最新の問題の数々について話しました。

あなたが知らないこと

エリック・ビショフは、WWEで過去に仕事をしていましたが、ゴールドバーグがWCWのトップスターだった頃には、WCWのプロモーションを手伝っていました。

WWEは2001年にWCWを買収し、続いてゴールドバーグを含む、多数のWCWスターがWWEに出てきました。伝説のパフォーマーは、WWE世界ヘビー級選手権で優勝した2003年から数ヵ月は、WWEで競争し、2004年にレッスルマニア20で終了しました。

49歳のゴールドバーグは、20016年に12年間の休暇を経てWWEに戻り、ブロック・レスナー、ケビン・オーエンズと対戦して、後にWWEユニバーサル・チャンピオンシップで勝つことになります。彼は最近、レッスルマニア33で、ユニバーサルのタイトルをレスナーに譲りました。その後、彼は再びスポーツから離れていくというファンの話を聞きました。

問題の中心

ゴールドバーグは2003-04年の間に、WWEのマネジメントに問題があったと伝えられており、エリック・ビショフは、前述の問題について迅速に調査していました。20016年にWWEに復帰する前の彼の動機と躊躇について、ゴールドバーグは何を言っていたのだろう。

「いつも疑問を持っている。シナリオがどこに設定されていて、全てが計画通りに進むと思うだろう。最近のどんなビジネスにおいても、物事は狂ってしまうことがある」

「ビジネスはビジネスだ。私はいつも守りに入ってたから緊張していた。私はあれもこれも守らなければならないとね。もっとポジティブにオープンでいるべきだった」

「私はこれまで人からの受け入れを望んでいたよりも、もっとオープンだと思う。それを必要とするので、私が来ることについてもっと気分が良くなった。彼の後ろの部屋に隠れている男ではないし、それがちょうど彼の時であるときに出てくる。」

「それは私じゃない。彼らが正しいか悪いかにかかわらず、私は彼らに確信を持っています。私は悪い男ではない。私には感情があり、これらの人が私に非常に感謝していることを理解してもらいたい」

次は何?

ゴールドバーグは今のところWWEから撤退しているにもかかわらず、将来的にリングへ戻ることを排除していません。彼はWWEの経営陣との問題について、話し合ったことは一度もありませんし、WWEとゴールドバーグの間の過去の問題にもかかわらず、短時間ではありますが、WWEに戻ってきたことは素晴らしいことです。ゴールドバーグは本当のレジェンドと言えるでしょう。

(情報:sportskeeda)

スポンサーリンク