サミ・ゼイン「キングになればドミニクをプリンスにする」


今週のSmack Downでは、キング・オブ・ザ・リング・トーナメントが開幕することになりました。

スポンサーリンク

1回戦ではサミ・ゼインがレイ・ミステリオを下して準決勝への進出を決めています。次の試合ではフィン・ベイラーと対戦する予定です。

サミ・ゼインはトーキング・スマックで、バックステージインタビューに答えました。

そこでキング・サミについて尋ねられて次のように語っています。

「キング・サミ、その言葉を聞くのが好きなんだ。この言葉にはある種のストーリー性があるだろう?全ての障害を乗り越えてきた人物であり、あらゆる機会を排除されて追いやられてきた人物だ。今年のドラフトでは最下位で指名された。全ての障害を乗り越えて、キング・サミとして政権の座につくことになる。あなたが恐れているであろうことについて対処しよう。私は情け深い統治者になる」

もしトーナメントに勝利してキング・サミになれば、ドミニク・ミステリオをプリンスにする考えを示しています。

「私はとても情け深いから、もしかしたらプリンスを任命するかもしれないね。プリンス・ドミニク・ミステリオだ。彼の父親であるレイは、私が倒してしまったからもうキングになるチャンスがないことはすでにわかっている。でもドミニクにはまだ王族になるチャンスがあるんだ。だからキングになって最初にすることは、権威を振りかざす統治者である父親から彼を解放することだ。キング・サミとして彼を自由にするんだ」

スポンサーリンク