ビッグEがザ・ミズやシェイマスについて語る


WWEスーパースターのビッグEは『SPORTbible』のインタビューに答えました。

スポンサーリンク

そこでWWE選手の中で最も自惚れがあるのは誰かと聞かれ、ビッグEはローマン・レインズを頭に思い浮かべたものの、ザ・ミズを選択しています。

「驚くかもしれないが、彼は年を重ねるごとに円熟味を増していき、確実に良くなっているんだ。しかし最初に会ったときはとても鼻持ちならなかったし、彼にも言ったことがあるけど、一緒にいるととても不愉快だったね。彼はまるで8歳児のようなことをするんだ。私の顔から1cmのところに指を置いて、触れていないよなんて言っていたが、私は無関心だったよ。彼は良くなっているから思い浮かばなかったけど、ミズは初めて会ったときはかなりひどかったんだ」

またビッグEはかつてシェイマスとともに巡業を回っていたものの、そのときの経験から二度と一緒には回らないと思ったことを明らかにしました。

「かつてシェイマスと一緒に移動したことがあり、シェイマスのことは大好きだから今は少し理解している。でも以前は何度か一緒になったことがあって、二度と一緒にならないって言ったこともあるんだ。彼はあまりにも長時間ジムにいる。失礼なことを言うつもりはないのだが、シェイマスは体調管理に気を配っているが一番年下ではない。だがシェイマスにはウォーミングアップの時間が多く必要なんだ。私の場合は1時間半の練習で終わりだ。でも彼はウォーミングアップに45分を費やし、練習でさらに2時間半から3時間もかけている。これは7年前のことだけど、シェイマスとは二度と一緒に回らないと言ったんだ。彼は何をするにしても時間がかかるからね」

スポンサーリンク