RAWバックステージニュース


◎マネー・イン・ザ・バンクでは、リア・リプリーがシャーロット・フレアーに敗れてタイトルを失い、RAWでは再戦しましたがタイトル奪還とはなりませんでした。

スポンサーリンク

『PWInsider』によると、リア・リプリーは現在ベビーフェイスとして見なされていると伝えています。メインロスターに昇格した当初はヒールだったものの、現在は役割が変更になったようです。

◎今週のRAWではアンダーテイカー、妻のミシェル・マクールがバックステージにいたようです。マクールは会場の最前列にいました。

バックステージにいた理由は不明ですが、アンダーテイカーとマクールはダラスの近くに住んでいることから、RAWを訪問しただけの可能性があります。

◎長期間欠場していたキース・リーがRAWで復帰を果たしました。ボビー・ラシュリーに敗れはしたものの、これが正式な復帰となるようです。

『PWinsider』は、キース・リーは復帰の許可を得たとし、1回限りの登場ではなかったと伝えています。また欠場していたのはクリエイティブ計画の問題ではなく、別の理由があったということです。

欠場していた理由については明らかにされていないものの、今後も継続的に番組に登場する可能性があります。

◎マネー・イン・ザ・バンクでブリーフケースを獲得したニッキーA.S.Hは、RAWでキャッシュインを成功させ、RAW女子タイトルを獲得しました。

『WrestlingNews』によると、タイトル獲得後はバックステージでみんなから祝福されていたと伝えています。またビンス・マクマホンが好んでおり、今後多くのグッズを作るアイデアがあるということです。

◎新たにWWE24/7チャンピオンになったレジナルドは、ベビーフェイスとして位置づけられているということです。

現在の計画では元シルク・ド・ソレイユのパフォーマーとしての経歴を利用して、特異なパーソナリティを活用することにあるようです。

◎今週のSmack Downでデビューする予定のトニー・ストームは、『PWInsider』によると、現在の計画はベビーフェイスとして考えられているということです。

スポンサーリンク