アレクサ・ブリスがWWEとの残り契約期間を明かす


アレクサ・ブリスは『Better Together』に出演してインタビューを行いました。

スポンサーリンク

そこで彼女はWWEとの残り契約期間が3~3年半で満了することを明らかにしました。

アレクサは最近婚約したばかりのライアン・カブレラとの子供について聞かれて次のように語っています。

「一旦私のWWEとの契約が終わったらどうするのかについて私たちで話し合ったの。残り期間は約3~3.5年よ!彼はそれで全然問題ないと言っていたし、最初の子供が生まれたときに45歳になっているのはイヤだって言っていたわ」

またこれまで多くのタイトルを獲得しているアレクサは、タイトルを持って飛行機に乗ることがどれだけ恥ずかしいことなのかと語っています。

「RAW女子タイトルやSmack Down女子タイトルはタッグタイトルよりも大きいの。だからとても恥ずかしい気持ちになるのよ。わかってくれるでしょ。TSA検査を通過するとき、クリスマスツリーのようにバッグがライトアップされていたら?バッグを開けるとみんなが見るの。そしてバッグが頭上の荷物棚に収まらないときがあって、フライト中ずっと膝の上にタイトルを置かなければいけなかったの!それがあってからタイトルがピッタリ入るベッツィ・ジョンソンのバックパックで運ぶようにしているのよ」

スポンサーリンク