WWEはNXT 2.0の現状に不満を持っている?


NXTは昨年9月にNXT 2.0としてロゴやセットを含めてショーが全面的にリニューアルされることになりました。

これはWWEが若い視聴者層を取り込みたいと考えており、そのためにこれまでのイメージを一新してカラフルで華やかなイメージにしたとされています。

ところがリニューアルした昨年9月の平均視聴件数は69.3万件から昨年12月には60.1万件と下落傾向になっています。

『WrestleVotes』によると、WWEはリニューアルした最初の4ヵ月間の状況に対して残念に思っていると伝えています。

WWEは新しいスターによってより多くのファンを取り込めると考えていたものの、それが上手くいっていないと認識しているということです。

しかし現時点ではコンセプトなど大きな変更を加えることはないということで、まだしばらくは様子を見ていくことになりそうです。

スポンサーリンク