フィン・ベイラーがトリプルHについてコメント

フィン・ベイラーはエクストリーム・ルールズのプロモーションの一環で『CBS Sports』のインタビューに答えました。

最近WWEではトリプルHがクリエイティブ部門の責任者として働いています。

ベイラーはトリプルHがクリエイティブ部門を担当していることについて感想を求められました。

「我々はNXTで長い間とても密に協力しながらやってきた。自分にとって最もエキサイティングなことは、新しいリーダーと一緒に仕事をすることでより協調することができると思うし、意見を交換したり、方向性を直接話し合ったりすることができる。以前は何人かのマネージメントがいた。時にはテレビの生放送に必要な短時間で率直な答えを出すのはとても難しいことだった。今はコミュニケーションの手段がよりダイレクトになったように思うよ。以前はマネージメント、クリエイティブライター、ライターアシスタント、アシスタントのアシスタントなど様々な間を行ったり来たりして答えを出していたから、ストレスが軽減されてアイデアを実行することにもっと集中できるようになったね。トリプルHは非常に手際が良く、より簡単に近づくことができるんだ。毎回ショーの前になると、彼はとても親切に対応してくれるから、どんな質問にも素早く対応でき、とてもスムーズに解決できるよ」

ベイラーはジャッジメント・デイの加入をいつ知らされたのかと聞かれ、次のように語っています。

スポンサーリンク

「前日で事前通告だったんだ。これが明日起こることは誰にも言うなよと言わんばかりだったよ。WWEでは常に適応するための準備をしなければならないんだ。いろいろなことが急きょ変更になる。明日どうなるかというニュースを聞かされたときも確信しきれなかったよ。もしそうなったら面白そうだなって感じで、実際にそうなるかどうかは明日になればわかるだろうって感じだったよ。今はここ数週間や数ヵ月で少し安定してきたね。おそらくストーリーの展開が予測通りに進んでいるんだろう。誰かがケガをしたり、ケガから復帰したり、いろいろなことが変わっている。そういう予測できない要素も当然あるけど、今はかなりスムーズに進んでいるように感じるよ」

関連記事

TOP