シェイナ・ベイズラー「将来的にレガシーを残したい」


シェイナ・ベイズラーはメインロスター昇格以降はRAWにいたものの、最近のWWEドラフトでSmack Downに移籍することになりました。

スポンサーリンク

ベイズラーは『Sportskeeda』のインタビューで、Smack Downの移籍は再スタートできる良い機会だと語りました。

「私はこれまでずっとRAWにいた。だからSmack Downへ行けば新しい選手がいるし、私のキャリアの中でも忙しくなるだろう。今はタッグを組んでいない。私はしばらくの間タッグを組んでいたし、良い意味で再スタートということだね」

またベイズラーは将来の目標についてチャンピオンになりたいとしながらも、別の目標も持っていることを明らかにしています。

「もちろんタイトルはこの業界にいる誰にとっても常に目標となるものだ。でも私が本当に望んでいるのは、これまで話してきたように再スタートすることなんだ。私と一緒にリングに上がることは危険なんだということを再度分からせたいね。これまではタッグを組んだことがなかった。今はそこから離れているわけだから、自分がどういう存在なのかを再認識してもらうには良い機会だと思う。そしてNXT時代の活躍を見ていない人たちに対しても、私のことを広められるかもしれない。レガシーを残すには多くの人と多くの理由がある。それをどう説明したらいいのかわからない。当然タイトル獲得はやりたいことのトップにある。でも実際には自分の足跡を残して、自分の存在を知ってもらうことにあるんだ」

スポンサーリンク