ビンス・マクマホンが脚本に不満で怒っていた?


今週のRAWでは、当初発表されていたものの行われなかった試合ががありました。

ザ・ミズ対ジョン・モリソンが発表されていたものの、モリソンは代わりにオモスと対戦することになりました。

『PWInsider』によると、RAWが始まる直前までバックステージでは多くの混乱があったと伝えています。

ビンス・マクマホンが当初予定されていたRAWの内容に非常に不満を持っており、何度も脚本を破り捨てて新しいアイデアを求めていたということです。

これまで見たことがないほどマクマホンは大声で怒鳴り散らしていたほどだったようです。

予定されていた計画はほとんど却下され、アメリカ東部時間20時からRAWの生放送が始まるものの、2時間前の18時の時点でもまだ何が行われるのか正式には決まっていなかったということです。

その結果、WWE公式サイトのRAWプレビューから多くの情報がなくなることになりました。

クリエイティブチームの人たちにとっては久しぶりに最も長い一日になったとしています。

スポンサーリンク