ブロック・レスナーが戻るまで、WWEを盛り上げる4つの案


Rawは4月3日以来、ユニバーサルチャンピオンのブロック・レスナーがいなくなっており、その不在は目立つようになっています。

WWEのユニバーサルチャンピオンは多くの場合、主要な試合の後に休暇を取りますが、しかし彼がチャンピオンシップを獲得することは、2014年にWWEチャンピオンシップで勝利したときと同様に、リストに穴を開けてしまいました。

それにより多くの素晴らしい試合につながりましたが、トップ選手権がないPPVは、レスナーの頻繁な不在のせいで、魅力が少なく感じるようになりました。

この状況を避けたいところですが、レスナーは、チャンピオンとしての素晴らしい試合と戦いをまだ行っているので、彼を無視することはできません。

レスナーはWWEで引き続き休暇を取ることができ、まだRawの一員になっていますが、エクストリーム・ルールで骨格を構築できれば、彼が不在でもそれほど厄介ではありません。

トーナメントから頻繁なプロモーションセグメントまで、Rawをより良いブランドにするためには、レスナーを推進するための集中的な取り組みが必要です。

 

1、エクストリーム・ルールで、No.1コンテンダートーナメントを開催

フィンベイラーとセス・ロリンズの両方は、ここ数週間でレスナーとの対戦を要求しましたが、チャンピオンに挑戦するという進捗はありませんでした。レスナーに挑戦する最高の人物は誰かを、明確に示す簡単な方法は、WWEがトーナメントを開催することです。

ベイラー、ロリンズ、サモア・ジョー、ブレイ・ワイアット、ローマン・レインズ、ブラウン・ストローマン、ミズ、ディーン・アンブローズの8人トーナメントを行い、最後の決勝戦をエクストリーム・ルールで行えば、素晴らしい試合と確たるメインイベントが約束されることになります。

新たな№1コンテンダーに集まる全ての注目は、レスナーの欠場を指摘することなく、ユニバーサルチャンピオンシップに焦点が当てられるでしょう。

ほとんどの場合レスナーから必要とされるのは、トーナメントの終了近くにレスナーとの対戦を待っている挑戦者に対して、ポール・ヘイマンが登場することだけです。

そのような競争のおかげでRawはより良いものになり、ユニバーサルチャンピオンシップは、レスナーが復帰するまで忘れ去られるタイトルではなく、ブランドの頂点として残るでしょう。

 

2、ブロック・レスナーの不在を説明するエアレギュラープロモーション

レスナーの最後の出現以来、レッスルマニア後のRawでは、レスナー不在については何も触れていません。彼は単に姿を消しました。

WWEはレスナーの不在を説明したくないかもしれませんが、レスナーを促進する役割を果たすだけの効果的な説明があります。

ポール・ヘイマンが登場して、レスナーは自分の挑戦者にふさわしい人は誰もいないと感じているや、ストローマンとレインズの間で、チャンピオンシップの真の候補者として登場するのを待っているなど言うことができます。

WWEは常にレスナーのためのプロモーションビデオを制作することは優れていますが、レスナーはカメラが、彼の過去のシーンを許可するだけで良いでしょう。ヘイマンはレスナーのビデオクリップを使って、印象的にしゃべることができます。

 

3、新しい№1コンテンダーを決めて、一方的に闘争を開始する

WWEがグレート・ボールズ・オブ・ファイアPPVで、レスナーへの最初の挑戦者になることを決定した場合、挑戦者を決めておいて戦わない理由はないため、闘争を開始するのです。

今のところストローマンは最も可能性が高い候補者であり、彼はすでにレスナーと相対しています。エクストリーム・ルールPPVの後で、彼がRawの次のPPVでレスナーと対戦することを発表することによって、彼はプロモーションとして、レスナーに対して挑発することができます。

レインズがまだケガをしていると、これはストローマンにとって有益でしょう。ストローマンはレインズを、彼がすでに投げ捨てたゴミとして除外することができ、将来のチャンピオンシップに焦点を当てることができます。

このレスナーへの挑発は、戻ってくるためのファンの興奮を自然に作り出し、彼がストローマンの挑発に応えればより盛り上がることになります。

レスナーの不在からファンをそらすのではなく、あえてレスナーの不在を指摘し、ストローマンと対戦するまでの挑発として使用することで、ファンを熱くすることができるでしょう。

 

4、ポールヘイマンを最大限活用する

ヘイマンがレスナーの側として、WWEに最初に戻ったとき、彼のマネージャーとしてしゃべりに全力を尽くしました。レスナーがいなかったときには、他の選手とやってきましたが、CMパンク、セザーロ、ジョー・へニングを使った試みはすべて失敗しました。

この理由から、WWEはヘイマンを取り戻しましたが、彼はレスナーの側が最も使いやすいと言えます。もしレスナーが登場できない場合、ヘイマンはレスナーの代わりに語ることができます。彼はまた、ユニバーサルチャンピオンシップに勝つことを計画しているどんなレスラーにも、屈することはありません。

WWEがヘイマンにもう少し払って、レスナーのことを思い出させるために、次の数ヵ月間は隔週で出てきてはもらえないでしょうか。しばらくレスナーの出演は、ヘイマンの後ろに立っているだけになり、彼がとにかく話すことになります。

選択肢が何であれ、WWEは数ヵ月の不自然な欠席を避けるために、積極的な役割を果たす必要があります。チャンピオンのいない2ヵ月のRawはトーンダウンしていき、2つのWWE世界タイトルの一つとして構築することに失敗するでしょう。

チャンピオンは、レスナーと同じくらい協力で支配的であるべきです。そして彼がRaw全員にとっての最大の挑戦であるというシンプルなメッセージは、メインイベントシーンを盛り上げるのに十分です。

しかしこれのどれも何か月もの間、単に終了することはできません。離れているチャンピオンは、ブランドの魅力であり、エキサイティングを約束してくれますが、チャンピオン不在は、単なる時間の無駄です。

レスナーは進展なしの寒い状況に戻るとしたら、彼は3ヵ月の時間を無駄にすることはできません。

(情報:bleacher report)

スポンサーリンク