今週のRAWの視聴件数が200万を割り込む


4月4日と5日にはレッスルマニア36が行われますが、今週のRAWは最後のエピソードとなりました。

ところがRAWの視聴件数は全く振るわなかったようです。『Showbuzz Daily』によると、今週のRAWの平均視聴件数は192.4万件だったと伝えています。

これは昨年のクリスマスウィークである12月23日に事前録画によって放送されたエピソードの185.3万件に次いで、史上2番目に低い視聴件数となっています。

最近ではWWEパフォーマンスセンターで無観客によってRAWが行われていますが、今年に入ってからは常に200万件以上を保っていました。しかし3月30日についに今年初となる200万件を割り込むことになっています。

以下は直近でのRAWの平均視聴件数です。

3月30日 192.4万件
3月23日 200.6万件
3月16日 233.5万件 (初のパフォーマンスセンター収録)
3月9日 216.3万件 (エリミネーション・チェンバー後)
3月2日 225.6万件

2019年のRAW平均:241.8万件
2018年のRAW平均:282.3万件
2017年のRAW平均:311.8万件

スポンサーリンク