WWEではなぜ感染者が出ていないのか?


アメリカでは新型コロナウイルスによる影響が拡大しており、NBAやMLB(マイナーを含む)でも感染者が報告されています。

スポンサーリンク

しかしWWEでは、RAWやレッスルマニアの収録を欠場した選手は報じられているものの、新型コロナウイルスに感染したとされる選手はまだ明らかとなっていません。

『The Dirty Sheets』によると、WWEだけ感染者がいないわけではなく、実際には数人のスーパースターが感染していると伝えています。

現時点で正式に感染しているとわかっているのはカーメラ、コーリー・グレイブス、ボビー・ラシュリーの3人だということです。

それ以外にも感染してはいないものの、レイ・ミステリオ、ダナ・ブルック、バディ・マーフィー、ザ・ミズ、カイリ・セイン、ローマン・レインズなどの選手も自己隔離を含めて措置が取られているとされています。

ただしボビー・ラシュリーに関してはすでにウイルスに打ち勝っており、先週収録が行われたレッスルマニアで復帰したようです。

しかしグレイブスとカーメラはまだ仕事に復帰しておらず、カーメラがウイルスに最も苦しんでいる状況だと伝えています。

そのため『The Dirty Sheets』は、WWEが感染者について公に発表していないだけであり、さらには『新型コロナウイルス』や『COVID-19』という言葉の使用を禁止しているとも言及しています。

世界的なパンデミックに関して言及したいときには、代わりにビンス・マクマホンが認めた『current circumstances (現在の状況)』という言葉に置き換えられているようです。

さらにこの禁止事項は実況アナウンサーだけでなく、全ての選手においてもソーシャルメディアやインタビューなどでウイルスに言及しないように指示されているということです。

ですのでWWEだけが感染者を出していないわけではなく、実際にはこのような状況になっているようです。

スポンサーリンク