Paybackでストローマンがケガをしていたと、Rawで報告


ストローマンは、Paybackでローマン・レインズを破ったのですが、5月1日のRawでは不思議と姿を見せませんでした。そしてゼネラルマネジャーのカート・アングルがリングに入ってきて、昨夜のPPVメインイベントで、ブラウン・ストローマンがケガをしたと報告しました。

ローマン・レインズがケガをしていたのはある程度予想されました。ストローマンと戦っていたときから、彼の上半身はテーピングで縛られていて、最後のシーンを見たときは、彼は血を吐き出していました。

予想できなかったのは、ストローマンが回旋筋腱板損傷であったというカート・アングルの報告でした。WWEはその後、ウェブサイト上に記事でGMの声明を掲載しました。

2人のケガはストーリーラインであり、彼らのプログラムとしてそのまま行われる可能性があります。2人と話をしたときに、お互いに出場しないと述べたとカート・アングルは報告しました。

そしてもう一つの可能性は、ストローマンが本当にケガをしていることです。Rawは彼ら新しいスターのために、ユニバーサルタイトルやその他のシナリオを設定する前に、彼らが失速していたような気がします。

その理論によると、回旋筋腱板損傷というのは、WWEが通常ギミックとしてのケガで使用するものではなく、ストローマンが昨夜のサンノゼで、試合後に救急車のドアで叩かれたときに、肩にダメージがあったのかもしれません。

WWEはこれを「進行中で、段階的な状況」と表現しました。これは撮影のような感じも受けます。

乞うご期待です。

(情報:cageside seats)

スポンサーリンク