サミ・ゼインが中邑真輔のマネージャーをしている理由


ここ最近のサミ・ゼインはシングル選手ではなく、中邑真輔のマネージャーとして活躍しています。

スポンサーリンク

そのため彼はテレビへの登場機会は多いものの、以前と比べて試合数が減っている状況です。

レスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーによると、サミ・ゼインはここ数ヵ月間肩のケガに対処していると伝えています。

そのため選手として試合をするよりも、マネージャーとしてしゃべりが多い役割に徹しているということです。

しかし彼は試合をすることに対して医師から許可されているものの、現在の役割はWWEが計画したものであることから、テレビ収録では試合をする機会がなくなっています。大事を取って役割を変更したのかもしれません。

なおテレビでの試合は8月以降行っていないものの、ライブイベントでは試合を行うこともあります。またテレビ収録でも攻撃を受けることもあることから、完全に試合ができないわけではなさそうです。

スポンサーリンク