ディーン・アンブローズの興味深い今後に関する噂


すでにWWEから発表されているように、現在RAWで活躍しているディーン・アンブローズは、今年4月の契約満了をもってWWEを退団する予定となっています。

スポンサーリンク

ところが『The Dirty Sheets』の最新情報によると、アンブローズがこのまま何事もなく退団するということにはならないかもしれません。

それによると、今のところWWEは彼の退団をストーリーラインとして進める可能性があるようです。

アンブローズの契約が4月に満了するのは事実ですが、『The Dirty Sheets』は、彼の退団発表はアンブローズがWWEに提案したストーリーの一部だったと伝えています。

アンブローズはWWEに、「想像してほしいんだけど、もし誰かが死んだと言われた後に彼らがテレビに現れたらどうなる?」と興味深い質問とともにこのストーリーラインを提案しました。

アンブローズはWWEがスポンサーのためにできない可能性があることを理解しつつ詳細を述べたものの、WWEはできると考えて退団することをファンに発表しました。そして現在私たちは彼のストーリーラインを行っているのを見ているということになります。

アンブローズとWWEの間で合意されていることは、もしアンブローズが考えた現在のストーリーで彼が予想しているほどのバズが起こった場合、WWEはアンブローズにダニエル・ブライアンと同じクリエイティブに関する拒否権を加えた契約にサインするということです。

WWEは彼に対して、新しい契約においてクリエイティブコントロール権を加えたいとは思っていないものの、今後3ヵ月間は彼にその権利を許可していて状況を注意深く監視し、そして最後に決定を下すことになるようです。

また『The Dirty Sheets』は、アンブローズが何年も前からWWEに満足しているとも伝えています。

結論として、今後3ヵ月間が上手くいけば彼はWWEでこれまで望んでいたクリエイティブに関する自由を手に入れることができ、ストーリーが上手くいかずにもしWWEがそれを認めなければ、そのまま4月の満了で退団し、他のプロモーションを自由に選ぶことができるということになります。

WWEにとってももうすでにアンブローズの退団は発表しているため、このまま退団しても、ストーリーが上手く運ばれてもどちらにしても問題ない状況というわけです。

(The Dirty Sheets)

スポンサーリンク

 

関連記事一覧