アンダーソン&ギャローズの契約について


2016年にAJスタイルズとともに新日本プロレスからWWEへと移籍してきたカール・アンダーソンとルーク・ギャローズですが、大きなプッシュがほとんどないままもうすぐ3年が経とうとしています。

スポンサーリンク

最近ではAJスタイルズの契約問題がどうなるのか注目が集まっていますが、同じくアンダーソン&ギャローズも今後の契約がどうなるのか気になります。

『PWInsider』によると、彼らの契約はAJよりも長い期間縛られているということで、2019年の秋ごろまでは現在の契約が満了しないということです。

最近WWEでは、契約が満了する現役のスーパースターについて5年契約などの長期契約によって引き留めを行っています。

しかし『PWInsider』は、WWEにいる多くの人たちがプッシュのないアンダーソンとギャローズは去ることになるだろうと予想しているということで、今のところはWWEとの契約延長は難しいかもしれません。

(PWInsider)

スポンサーリンク

 

関連記事一覧