今後のRAW女子タイトル戦線の可能性について


マネー・イン・ザ・バンクではラダーマッチを制してブリーフケースを獲得したアレクサ・ブリスがすぐにキャッシュインを行い、新RAW女子チャンピオンとなりました。

スポンサーリンク

さらに今週のRAWでは、エクストリーム・ルールズでアレクサ・ブリス対ナイア・ジャックスが発表された一方で、ロンダ・ラウジーはゼネラルマネージャーのカート・アングルに攻撃を加えたことで30日間の出場停止となりました。

エクストリーム・ルールズでブリス対ジャックスが決定していますが、レスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーは、ラウジーがサマースラムで再びタイトルに挑戦するだろうと推測しています。

ラウジーによるRAWでの暴行は、マネー・イン・ザ・バンクでのタイトルマッチをアレクサ・ブリスに邪魔されたことによる怒りから行ったものであり、ラウジーはまだRAWタイトル戦できちんとした形での決着がついていません。

ラウジーが30日間の出場停止になると、エクストリーム・ルールズには出場できない計算になりますが、夏のビッグイベントであるサマースラムには、再び重要なポジションにつく可能性があります。

もしブリスがエクストリーム・ルールズで防衛に成功するならば、サマースラムでアレクサ・ブリス対ロンダ・ラウジーによるRAWタイトルマッチが組まれるかもしれません。

(Wrestling Observer)

スポンサーリンク