ビッグ・キャスがWWEから突然解雇された真相


今週Smack Downスーパースターのビッグ・キャスがWWEから突然の解雇となったことは、大きな話題となりました。

スポンサーリンク

その理由については知られておらず様々な噂がありますが、『The Dirty Sheets』はその真相を明らかにしています。

ストーリーはダニエル・ブライアンが新契約を締結しないことから始まります。ブライアンの計画は、レッスルマニア35でザ・ミズとWWEチャンピオンシップで対戦して勝利することでした。

しかしブライアンはもうすぐWWEとの契約が終わるにもかかわらず、まだ延長にサインしていません。

そこでザ・ミズのラダーマッチ勝利の計画を変更し、さらにブライアンはキャスとの抗争を終わらせなければいけませんでした。WWEはブライアンを早くミズとの抗争に移したかったため、ブライアンに勝利させてキャスとの抗争を終わらせました。

もしブライアンの契約が決まっていれば、キャスはマネー・イン・ザ・バンクでブライアンに勝利し、エクストリーム・ルールズで再びブライアン対キャスが行われていた可能性があったようです。

そして日曜日の午後(MITB当日の試合前)、キャスはブライアンに負けなければいけないことに対して納得がいなかなったため、WWEのライターと言い合いになっていました。

結果マネー・イン・ザ・バンクでキャスは負けたのですが、『The Dirty Sheets』によると、キャスは今週のSmack Downの会場に到着したものの、ピリピリしたムードだったようです。

さらにそこでキャスは、Smack Downで行われたガントレットマッチで最初に敗れた選手との抗争に入ると知らされたとき、もっと不機嫌になりました。

その直後、キャスは205Liveのアナウンサーであるケータリングの食事をしていたビック・ジョセフとカーメラを見つけました。彼ら2人はテレビ収録で定期的に一緒にいるようです。

キャスは以前カーメラと付き合っていたことは周知の事実ですが、それを見たキャスはジョセフとカーメラの関係をはっきりと理解し、対決することを決めて頭を下げるよう脅したということです。

すでにキャスはライターとも問題を起こしていたにもかかわらず、この事件があったことでビンス・マクマホンは、キャスを面倒な存在だと考えて彼を解雇することを決めました。この解雇はビンス・マクマホンによって直接行われたということです。

(The Dirty Sheets)

スポンサーリンク