TAJIRI、もうWWEには戻らない


WWEネットワーク上の205LIVEの一環として、今年初めにWWEに戻ったTAJIRIは、WWEからの出発を発表しました。しかし昨日、彼の自分のTwitterアカウントで、次のような声明を出しました。

「数日経ちましたが、なかなか公表されないようなのであえて自分から…1月に負った膝の怪我、実際もう全然問題なく大丈夫なのですが、WWEのドクターもOKを出しつつも「リスキーではある」と。ま、長年プロレスをやってきたレスラーのボディパーツって、誰でもそれが当然ではあるのですが」

「で、会社としては、46歳というオレの年齢も考慮し「もうWWEでは試合はさせられない」と。しばらくしたらOKでるかな?と、NXTのコーチをやりつつ待ってみたのですが、やはりどうしてもダメである、と。そういうワケで、日本へ帰ります」

「ほんの4か月とはいえ再びWWEに戻れて、もう悔いなし。ちょうど1年前のいま頃から最後にもう一度やってみたいなと挑み、実現させた、オレのアメリカにかけた最後の青春がいま終わった。復帰実現に動いてくれたHHHとリーガル師匠に感謝。さようなら、そしてありがとう。WWEよ、アメリカよ」

これにより、WWEへの復帰は今後ないものと思われます。

スポンサーリンク

 

関連記事一覧