WWEが着実に改善していく方法


WWEのファンは、ダニエル・ブライアンがロイヤルランブル2015で優勝したり、ブレイ・ワイアットがレッスルマニア32に出場しないなど、会社の間違いを批判しています。

しかしWWEが近年してきた失敗について、将来の短期的および長期的に楽観視できる理由があります。

ビンス・マクマホンのプロレス像は、ここ数ヶ月、特にレッスルマニア33以降で、いくつかの大きな進歩を遂げました。

WWEが改善する必要がある分野は、まだまだたくさんありますが、2017年は非常に成功した成果を挙げており、来任はさらに成功を収めることができます。

ファンはそれを認めていませんが、WWEが着実に改善していく方法が5つあります。

WWEの最も高い給料をもらっている2人のスター選手は、ジョン・シナブロック・レスナーです。レスナーは依然としてパートタイムですが、WWEの特別な舞台に焦点を絞る努力がはっきりしています。

レッスルマニア33で活躍した、レスナー、シナ、トリプルH、ゴールドバーグ、アンダーテイカー、シェイン・マクマホンのような選手は、WWEの番組から事実上姿を消してしまいました。特にレッスルマニア33で、WWEネットワークが195万人の加入者を獲得した後、パートタイマーが必要になるケースがあります。

しかしレッスルマニアの名前は、特定の試合よりもPPVとして販売していると主張することができます。WWEが熱心なファンの間でクレームがあるパートタイマーに焦点を充てることを制限することで、どのような影響を及ぼし、変化するか知ることができます。

ゴールドバーグは今のところ出番がなくなっています。シナ、トリプルH、シェインも同じです。WWEのパートタイマーには、ファンの間で大きな苦情になっていますが、彼らの不在は、ベテラン選手が注目を集めることがイヤな人にとっては素晴らしいニュースです。

WWEのタッグ部門には、スター性のある選手が多くいます。

ハーディ・ボーイズが戻ってきて、マットとジェフの両方がWWEの巨大なポテンシャルを秘めている可能性があります。ジェフは8年前にWWEを辞めたときには、グッズ販売で2位になったとしています。

ニューデイをSmack Down Liveに移し、セザーロ&シェイマスのようなチームをプッシュすることで、タッグ部門に明らかに火をつけています。

かつてWWEの大きな弱点と見なされていたRawとSmack Downのタッグ部門は、最近改訂して、強みに変えました。今や両方の番組に、面白いタッグチームを作るだけでなく、一人ひとりがスター選手として、多く作り上げられる可能性を秘めています。

(情報:Forbes)

スポンサーリンク

 

関連記事一覧