カスケットマッチがアンダーテイカー対ジェリコへ変更される

4月27日にサウジアラビアで開催されるグレイテストロイヤルランブルの当初の発表では、アンダーテイカー対ルセフによるカスケットマッチが行われる予定でした。

スポンサーリンク

しかしルセフからクリス・ジェリコへと変更となり、アンダーテイカー対クリス・ジェリコによるカスケットマッチになるとWWEは発表しました。

その理由については『WWE.com』によると、ルセフの妻であるラナがこの試合を拒否したとのことです。ラナはTwitterで次のように語っています。

「私は夫であるルセフにグレイテストロイヤルランブルのカスケットマッチで戦わせるのを拒否するから、WWE関係者にこの試合を変更させるようにすでに話しました。Happy Rusev Day」

この変更が発表される前、『TMZ Sports』はルセフとラナにアンダーテイカー戦に関するインタビューを行っていました。

そのときルセフは、「アンダーテイカーは少しだけピークを過ぎているが、私はまだピークに達していない。私が間違いなく彼を倒すだろうが、これまでにカスケットマッチをやったことがないのは少し心配だ。その点は彼にアドバンテージがある」と語りました。

さらにラナもこの試合後にテイカーは引退するだろうと語っていることから、ラナがルセフのカスケットマッチを拒否したというのは、ストーリーラインだと思われます。

リリースを求めたとの噂が流れたルセフなだけに、突然のカード変更の裏側が気になるところです。

スポンサーリンク

(wrestlinginc)