ジェフ・ハーディの逮捕に関する追加情報


ジェフ・ハーディは先週土曜日の22時20分に飲酒運転により逮捕されました。1時間後に釈放され、30日間の運転免許資格停止処分となっています。

スポンサーリンク

『CBS Sports』によると、ジェフは2016キャデラックCTS-Vセダンで走っていたとき、道路を逸脱し、右車線のガードレールに激突して止まったということです。

警察の見積によると、ジェフの2016キャデラックの損害に加えて、ガードレールの損害額が5,000ドル(約53万円)もあることで、合計8,000ドル(約85万円)になる可能性もあるそうです。

また『TMZ.com』は、逮捕されたときのジェフの血中アルコール濃度は、法律が定める基準値の3倍だったと伝えています。ジェフは相当酔った状態で運転していたようです。

肩のケガにより昨年から欠場を続けていて復帰が近づいていたジェフですが、今回の逮捕によりWWEはどのような処分を下すのかまだ明らかにはしていません。

WWEは今回の逮捕に関して以下の声明を発表しています。

「ジェフ・ハーディは対人訴訟に関して彼自身で責任を負っています。私たちはこの問題を調査し、法執行機関の当局者からの情報を待っています」

(sportskeeda)

スポンサーリンク

 

関連記事一覧