マウロ・ラナロ、JBLからイジメられていた!?


WWEとマウロ・ラナロは、契約解除で同意しました。これはラナロがニューズウィークで明らかにしたものです。彼は8月12日まではWWEのもとにとどまります。

「WWEと私は相互に契約解除に同意しました。それはJBLとは何の関係もありません」とメールで述べました。

ラナロは2016年の「レスリングオブザーバー アナウンサーオブザイヤー」を受賞した後、エスカレートしたと伝えられています。JBLはラナロに対して不満を抱き、3月に「ブリングイトトゥーザテーブル」で公の場に出ました。ラナロには「何千ものツイートがあり、このショーが放送されるまでにはもっと増えてるだろうね」と述べています。

緊張は、その時点までに両者の間に構築されていたと伝えられていました。ラナロは3月14日のSmack Downの収録には参加せず、WWEのテレビには登場していません。

JBLの行動に関するいくつかの過去の記事が再現されました。JBLはニューズウィークに声明を発表し、過去にロッカールームのイジメがなかったとしましたが、WWEは彼の行動を調査しました。

「確かに数年前に、業界内に存在していたロッカールームのイジメに参加したことは間違いない」とJBLは語りました。「WWEは私の行動を調査したため、それに応じて対応したが、現在では根拠のない噂のために私は困っている」と述べています。

WWEはまた、ニューズウィークに対して、JBLの状況を含む「不適切な行動の申し立てを完全に調査する」旨を発表しましたが、現在調査中とのことです。

(情報:wrestlinginc)

スポンサーリンク

 

関連記事一覧