追加のドラフト指名が発表される


Smack DownではWWEドラフトが行われ、何人かの選手は各ブランドに指名されることになりました。

Smack Down終了後もまだドラフトは続いており、翌日に放送されたトーキング・スマックの中で追加のドラフトが発表されています。

発表されたのは以下の通りです。

ウンベルト・カリージョ:RAW
マーフィー:Smack Down
ドリュー・グラック:RAW
カリスト:Smack Down
タッカー:RAW

これによってヘビーマシナリーは別々のブランドとなり、ルチャ・ハウス・パーティからはカリストのみが指名されています。

なおミッキー・ジェームス、ショーティG、グラン・メタリック、リンセ・ドラドは指名されなかったことからフリーエージェントとなります。

WWEが発表したルールによると、フリーの選手は選択したブランドと契約することが認められています。

以下はSmack Downで行われたドラフト初日の結果です。

ラウンド1
ドリュー・マッキンタイア:RAW
ローマン・レインズ:Smack Down
アスカ:RAW
セス・ロリンズ:Smack Down
ハート・ビジネス:RAW

ラウンド2
AJスタイルズ:RAW
サーシャ・バンクス:Smack Down
ナオミ:RAW
ビアンカ・ブレア:Smack Down
シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックス:RAW

ラウンド3
リコシェ:RAW
ジェイ・ウーソ:Smack Down
マンディ・ローズ:RAW
レイ・ミステリオ&ドミニク:Smack Down
ザ・ミズ&ジョン・モリソン:RAW

ラウンド4
コフィ・キングストン&エグザビア・ウッズ:RAW
ビッグE:Smack Down
ダナ・ブルック:RAW
オーティス:Smack Down
エンジェル・ガルザ:RAW

スポンサーリンク